未来を創る学舎とは?

通学型の通信制高校

未来を創る学舎(中京高校)は、通学型の通信制高校です。生徒たちは、月曜日から金曜日まで、静岡市・沼津市・函南町にある校舎に通学し、高校生活を送ります。当校では、「対面」であることが教育の基本であり、生徒の成長に繋がると考えています。そのため、「週5日通学制」を原則としています。

安心の教育体制

中京高等学校は、昭和38年、岐阜県に開校しました。現在では、幼稚園、高校、短大、大学を擁する、岐阜県では最大規模の私立学校となっています。静岡校、沼津校、函南校の静岡県内3校舎は、岐阜県と共に、静岡県からも学校教育法に基づく指定を受けています。無認可のサポート校とは異なり、校外でのスクーリングはありません。

通学するから、成長する

生徒が成長できる“シカケ”

高校は、生徒たちが未来を考え、未来に向けて歩む場所です。そのため、未来を創る学舎では、将来を見据えた「キャリア教育」を重視しています。キャリア教育の授業時間を多く確保し、1年次から体系的に将来について学び、考えることで、生徒が自分自身に合った進路を見つけられるよう、サポートしています。また、キャリア教育のまとめとして、3年次には人間力育成合宿を実施しています。この他、希望の分野を学ぶための3コース体制、生徒の成長をしっかりとサポートできる少人数教育など、生徒たちの将来や成長のための“シカケ”をたくさん用意しています。

少人数教育によるサポート

未来を創る学舎は、少人数制を採用しています。学年ごとの入学定員は、静岡校20名、沼津校15名、函南校6名です。徹底した少人数教育を通して、生徒の個性を見極め、その時の状況に応じて、生徒に真に必要なサポートを行っています。また、必要に応じて、ご家庭とも密にコミュニケーションを取っています。

卒業に向けて

多様な進路選択

当校では、進学から就職まで、生徒の希望と適性に合わせた進路指導を行っています。姉妹校である中京学院大学・短大をはじめとした大学、短大、専門学校への特別推薦制度、指定校推薦制度も積極的に活用しています。また、入試・就職試験直前期には、面接試験対策、小論文対策、学力試験対策、SPI試験(適性検査)対策なども行います。

未来を創る学舎に入学したい

早期出願制度

未来を創る学舎では、9月から出願を受け付けています。12月22日までの出願者については、1月中旬頃までに保護者同伴の面接試験(計2回)を実施し、仮の合否を通知します。その後、1月下旬頃に最終試験を行い、2月中旬頃に合格発表となります。早ければ11月に仮の合否を通知しているため、心に余裕を持って、入試を進めることが出来ます。

“やる気”を重視した未来指向型の入試

当校では、出願書類、面接、学力試験(英国数)で、合否を判断しています。このうち、最重視しているのは、面接です。面接試験は、保護者同伴のものを2回、生徒のみの集団面接を1回実施し、生徒のやる気や考え方を、じっくりと確認しています。

不登校・発達障害者の受け入れ

当校では、不登校生や、軽度の発達障害者の受け入れも行っています。特別支援教育の経験が豊富な教員や、カウンセリング研修を受講している教員を配置しており、ご家庭やかかりつけの医療機関と協力しながら、サポートしています。なお、当校は、発達障害専門の教育機関ではないため、当校の教育システムの中で学校生活を送れることが、受け入れの条件となります。不登校生や発達障害者の受け入れ可否については、入学希望校舎の教育体制により、個別に判断しています。必ず、事前にご相談下さい。

個別の入学相談

高校選びは、生徒の将来に大きく影響を与えます。高校と生徒とのミスマッチを防ぐために、個別の入学相談を出願要件としています。入学相談のお申し込みは、希望する校舎または公式ホームページからお申し込み下さい。